女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遺留分」って、ご存知ですか? 

皆さま、こんにちは お久しぶりです。広島の依田です

早くも新年度ですね! 今日は広島はあいにくのお天気ですが、広島では数日前から桜も満開になり、まさに春らしくなってきました
日中は暖かくても、夜はまだひんやりしますので、夜桜を楽しまれる方は、風邪ひかないように、暖かくされてくださいね

ところで、今日は「遺留分」について、ご説明したいと思います。
「遺留分」って、聞かれたことありますか?
相続の場面で登場する言葉です。通常、亡くなられた方が、何ら遺言を残されなかった場合には、民法に規定されている「法定相続分」でその遺産はご家族等に分けられることになります。
もっとも、亡くなられた方が、自分の財産を、誰かに全て譲る、といった内容の遺言を残されていた場合には、その方がすべての財産を相続されることとなります。
しかし、この場合でも、他の法定相続人(親、子、配偶者)は、一切財産を受け取れないわけではないのです。
このような場合でも、民法では法定相続分の半額を、「遺留分」として受け取ることができると規定されています(民法1028条)。
ただ、この遺留分、自分から請求しなければ、受け取ることができません。また、この遺留分を請求できる権利(=遺留分減殺請求権といいます。)は、1年で時効消滅する場合もあります。

なので、相続があった場合、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。はじめからきちんと話し合いをして、問題を大きくさせないことが重要ですよね。
                                       【依田有樹恵】

アネモネ 

とても綺麗なので・・・

2013.jpg

アネモネ

Shimoyama

アースハート110番(2月9日) 

西岡が事務局長を務めるアースハート被害対策弁護団からのお知らせです。

野中邦子ら逮捕の報道を受け、弁護団への問い合わせが多くなっています。

弁護団が2月2日に行った「アースハート被害110番」は、朝から常時回線がふさがり、電話をかけたけどかからなかった、との問い合わせがその後も続いている状況です。

そこで、このような被害者の方々に対応するため、下記日程で、再度無料電話相談を実施します。

お気軽にご相談ください


アースハート被害110番

【日時】平成25年2月9日(土)10時~16時

【電話番号】 092-735-4777




アースハート被害対策弁護団の公式サイト(ブログ)開設のおしらせ★ 

西岡が事務局を務めている、アースハート被害対策弁護団からのお知らせです。

先日より、当事務所ホームページにて、アースハート被害対策弁護団からのお知らせ等を告知してきましたが、事務局には、これまでに全国各地から200件近くの問い合わせがあっており、原告も47名となり、今後も増えることも予想されることなどから、弁護団公式サイト(ブログ)を開設することにしました。

 ↓  ↓  ↓

アースハート被害対策弁護団


連絡先は引き続き、092-735-4777(平和の森法律事務所内)です。


【西岡里恵】


C型肝炎被害者救済請求訴訟の第2次提訴を行いました。 

みなさん、ちょっと遅いですが、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。頑張って、良い年にしていきましょうね

ところで、昨年末のことになるのですが、12月20日にC型肝炎被害者救済請求訴訟を、全国一斉提起しました!
広島では、2回目の提訴になります。
前にもご報告したことはあるのですが、C型肝炎被害者救済請求訴訟とは、昭和39年から平成5年ころまで、止血剤であるフィブリノゲン製剤第9因子製剤を使われたことによって、C型肝炎に感染された方が原告となって、国に対し、このようなC型肝炎に感染するような薬を使うことを許可した責任を追及して、補償を求める裁判です。

今回は、全国(東京、大阪、名古屋、広島、熊本、鹿児島)で同じ日に144名もの方が一斉提訴しました。
みなさん、止血剤を使用されたのが昔のことなので、カルテが病院に保存されていなかったばかりに、国からの補償を受けられず、苦しんで来られました。

これからも、国からの補償が受けられるように、頑張って活動していきたいと思います
まだ今後も、第3次提訴に向けて相談を受け付けております。関心がおありの方は、お問い合わせくださいね。

                                       【依田有樹恵】

新年明けましておめでとうございます!! 

2013年も皆様にとって実りある素晴らしい年となりますように
 
本年もどうぞ宜しくお願い致します

marron.jpg

(腹巻き第2弾 お正月にマロンくんに新しく赤い毛糸で編みました

By Shimoyama

新しい事務所を開設しました! 

みなさん、お久しぶりです、広島の弁護士の依田です
今日が仕事おさめという方も多いのではないでしょうか??
みなさん、今年一年、本当にお疲れ様でした

ちょっと遅くなりましたが、今年のご報告をさせてください。先日、今までお世話になった事務所をでて、独立しました
ホームページの方では新しい事務所を載せているのですが、ブログのほうではご報告が遅れてしまいました
新しい事務所はよこがわ法律事務所といいます。
場所は、広島市西区の横川一丁目の電停からすぐ近くです。また写真もアップしますね

これまで、お世話になった方々にご恩返しができるように、また、みなさんのお役にたてるように、より一層頑張っていきますので、また来年からもよろしくお願いしたします。
ちょっと最近、ブログに登場していなかった間に、お伝えしたいことがありますので、また記事を書いたら見てやってください
年末年始、また寒波がやってきて寒い日々が続くようなので、みなさまどうぞご自愛ください。そしてよいお年をお迎えくださいね

【依田有樹恵】

☆ご挨拶☆ 

今年もあっという間の1年でした。

本日から泰星法律事務所は冬期休暇に入ります。

2012年、皆様、今年も有り難うございました
5.jpg
(ひさしぶりに登場のマロンくんです私が編んだハートのアップリケの付いた毛糸の腹巻きを着用しております晴れた日、お庭が気になるマロンくんでした

By Shimoyama

生活保護についての相談 

もう12月ですね、一年ははやいものです。。

福岡県弁護士会では、11月28日に「全国一斉生活保護ホットライン」(無料電話相談)を開催しましたが、電話はひっきりなしだったようです。

無料電話相談は、そんなにかからないこともままあるのですが、ひっきりなしということは、やはり需要が多くあるのですね~

生活保護については、受給者数が増え続けていますが、たとえば、生活保護を受給できるかどうか(要件を満たしているか)、申請を受理してもらえなかった(世帯の問題や家がないなど)、さまざまな相談があります。

「年越し派遣村」のイメージもあってか、年末、寒くなってくると、貧困問題対策の活動も多いような気がします。

福岡県弁護士会では、前にもご案内しましたが、「生活保護支援システム」という制度があり、相談のご希望があれば、名簿順に配転されますので、すぐに対応できるようになっています。

もちろん私たちも登録しているのでお気軽に相談いただきたいと思います


【西岡里恵】

むち打ち~交通事故~ 

 交通事故(人身)に遭われた被害者の症状の中で、むち打ちは大きな割合を占めると言ってよいでしょう。

 実際に、私が相談を受ける交通事故(人身)被害のご相談も、むち打ちが大変多いです。

 むち打ちは、医学用語ではないため、病院の診断書には、「頸椎捻挫」等と書かれています。

 むち打ちは、他覚所見がないものが多く、辛い症状をなかなか周囲に理解してもらえないこともあるようです。そのため、事故から3か月経過した頃に、保険会社から通院治療を終了するよう言われたという被害者からのご相談もしばしばあります。実際に、保険会社から治療費を打ち切ると言われ、「そんなものなのか。仕方ない。」とあきらめて通院をやめてしまっている被害者の方も多いのではないかと思います。

 しかし、痛みが続き、その治療の成果が今なお少しでも出ているのであれば、3か月で治療をやめるべきではありません。他覚所見のないむち打ちは、3か月までしか治療費が支払われないと当然の決まり事かのように保険会社の方からいわれているケースもあるようですが、そのようなことはありません。大切な体のことですから、治療の成果が出ている以上、是非、ご自身が納得されるまで治療を継続されて下さい。

 痛みがあるにこかかわらず、短期間で治療を終え、治癒又は症状固定としてしまうと、後になって後悔しても、本来、認められるべきであったその後の治療費、休業損害、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益の請求も困難になりますから。

 もっとも、もし一旦、治癒又は症状固定としてしまった場合にも、医師の診断を受け、治癒、症状固定を覆してもらえる可能性等がありますから、あきらめずに医師や弁護士に相談されてみて下さいね。

By Shimoyama
【下山 津雅子】



カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。