女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遺留分」って、ご存知ですか? 

皆さま、こんにちは お久しぶりです。広島の依田です

早くも新年度ですね! 今日は広島はあいにくのお天気ですが、広島では数日前から桜も満開になり、まさに春らしくなってきました
日中は暖かくても、夜はまだひんやりしますので、夜桜を楽しまれる方は、風邪ひかないように、暖かくされてくださいね

ところで、今日は「遺留分」について、ご説明したいと思います。
「遺留分」って、聞かれたことありますか?
相続の場面で登場する言葉です。通常、亡くなられた方が、何ら遺言を残されなかった場合には、民法に規定されている「法定相続分」でその遺産はご家族等に分けられることになります。
もっとも、亡くなられた方が、自分の財産を、誰かに全て譲る、といった内容の遺言を残されていた場合には、その方がすべての財産を相続されることとなります。
しかし、この場合でも、他の法定相続人(親、子、配偶者)は、一切財産を受け取れないわけではないのです。
このような場合でも、民法では法定相続分の半額を、「遺留分」として受け取ることができると規定されています(民法1028条)。
ただ、この遺留分、自分から請求しなければ、受け取ることができません。また、この遺留分を請求できる権利(=遺留分減殺請求権といいます。)は、1年で時効消滅する場合もあります。

なので、相続があった場合、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。はじめからきちんと話し合いをして、問題を大きくさせないことが重要ですよね。
                                       【依田有樹恵】

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://roselaws.blog2.fc2.com/tb.php/215-9918d321
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。