女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むち打ち~交通事故~ 

 交通事故(人身)に遭われた被害者の症状の中で、むち打ちは大きな割合を占めると言ってよいでしょう。

 実際に、私が相談を受ける交通事故(人身)被害のご相談も、むち打ちが大変多いです。

 むち打ちは、医学用語ではないため、病院の診断書には、「頸椎捻挫」等と書かれています。

 むち打ちは、他覚所見がないものが多く、辛い症状をなかなか周囲に理解してもらえないこともあるようです。そのため、事故から3か月経過した頃に、保険会社から通院治療を終了するよう言われたという被害者からのご相談もしばしばあります。実際に、保険会社から治療費を打ち切ると言われ、「そんなものなのか。仕方ない。」とあきらめて通院をやめてしまっている被害者の方も多いのではないかと思います。

 しかし、痛みが続き、その治療の成果が今なお少しでも出ているのであれば、3か月で治療をやめるべきではありません。他覚所見のないむち打ちは、3か月までしか治療費が支払われないと当然の決まり事かのように保険会社の方からいわれているケースもあるようですが、そのようなことはありません。大切な体のことですから、治療の成果が出ている以上、是非、ご自身が納得されるまで治療を継続されて下さい。

 痛みがあるにこかかわらず、短期間で治療を終え、治癒又は症状固定としてしまうと、後になって後悔しても、本来、認められるべきであったその後の治療費、休業損害、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益の請求も困難になりますから。

 もっとも、もし一旦、治癒又は症状固定としてしまった場合にも、医師の診断を受け、治癒、症状固定を覆してもらえる可能性等がありますから、あきらめずに医師や弁護士に相談されてみて下さいね。

By Shimoyama
【下山 津雅子】



関連記事
トラックバック
 
http://roselaws.blog2.fc2.com/tb.php/206-a4428f96
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。