女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷金と礼金 その3 (敷金返金が少ないときは争える!) 

平日はなかなか書き込む時間が取れなくて、間があきましたが、
敷金と礼金の話を続けます

敷金は預け金ですから、家賃の滞納分や、特別に修理が必要な箇所等がない場合は
全額が戻ってくるはずです。
しかし、実際には、原状回復費用などがひかれて、少ししかもどらないことも多いですね。
また、最初から敷金の一部が戻らないことを約束した敷引特約も多いですね。

敷引特約は、たとえ契約書・覚書・同意書にサインしたとしても、 
原状回復工事代が高すぎる、大家さん側の支払い事項まで借主が払うなど、
借主に極めて不利な場合は、原則無効です(消費者契約法10条)。

だれが住んでいても家の通常損耗(経年劣化による損耗)は絶対にあるのですから、
それを修復するためにかかる費用は、持ち主である賃貸人が負担すべきなのであって、
たまたま住んでいた賃借人が通常損耗費用を負担するいわれはありません
入居時に預けた敷金が戻らなかった場合には、
たとえそれが敷引特約どおりであったとしても、争う余地が十分にあるといえるでしょう。

西日本では、敷引特約が多かったのですが、最近は争われることが多くなったからか、
もともと返さなくてよい性質の礼金として取るところも増えていますね。

東日本では、礼金を取るところが昔から多いですが、
そもそも礼金は、戦後の賃貸物件がまだまだ少ない時代に、家を貸してくれたお礼、
として渡していたもの
みたいですので、
賃貸物件が増えて、空き部屋がたくさんあるこのごろでは、
礼金という概念は時代にそぐわない気がしますよねぇ

どちらにしても、あとでいろいろ争う必要がないように、
入居の契約の段階で交渉して、できるだけ初期費用を下げてもらうとよいですねぇ~

by nishioka
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://roselaws.blog2.fc2.com/tb.php/16-3ef51042
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。