女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪人』 みました~! 

先日、『悪人』 をみてきました~ 

モントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を受賞したことで話題ですよね!

深津絵里は相変わらずとてもうまくてはまり役でした。

妻夫木くんはこれまで明るいイメージで、役が似合わないのではと思っていたのですが、うまかったです!
一瞬で表情が変わったり、暗い雰囲気ばっちり出してました。


舞台は福岡、佐賀、長崎です

福岡の知っているお店、鉄なべ(餃子屋さん)とか、国体道路沿いのお店とか出てきて、身近に感じました。

佐賀も、私は修習が佐賀だったため、ほぼ1年間毎日通っていた佐賀駅とか、また、佐賀の田園風景とか懐しかったです。

また、博多弁、佐賀弁、長崎弁の方言も身近な感じでした(やっぱりネイティブでないため、違和感がありましたが・・・)


妻夫木くんが、殺人を犯した背景、理由、その後(捕まるまで)が描かれているのですが、テーマがどうしても重いため、ちょっと暗くなる感じですが、最後の展開とかよくできているなあと思いました。

いろいろと、どうしてあのとき・・などなどやるせなく思う部分もありますが、人間、大切な人がいるということが大事だな~と思う映画でした


職業柄、自分が妻夫木くんの弁護人だったら、情状としていろいろ主張すべき事情があるなあとか(情状弁護=刑事裁判で同情すべき事情を考慮して裁判官の裁量によって刑を減軽すること)、妻夫木くんと深津絵里のそれぞれの取り調べがあったら、2人の供述がどういうふうに食い違うのかなあ、とか、裁判官は真実を見抜けるかなあ、とか、いろいろと刑事事件として考えてしまう部分もありました


普段はハッピーエンドで楽しく終わる映画のほうが終わりがすっきり気持ちがよくて好きなのですが、『悪人』のように重いテーマがある映画も、いろいろ思うところがあって、いいですね


by nishioka 

関連記事
コメント
「悪人」ぜひみて見たいと思います(⌒▽⌒)














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://roselaws.blog2.fc2.com/tb.php/103-8e76e175
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。