女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め被害者に38億円戻らぬまま 

振り込め詐欺救済法は、振り込め詐欺の被害金を返還するルールを定めた法律で、2008年6月に施行されました。
振り込め詐欺の急増を背景に、被害者が、時間も費用もかかる訴訟を起こさなくても被害金の返還を受けられるようにしたのです。

しかし、せっかく口座を凍結されたにもかかわらず、被害者に返還されていないお金が多いようです。
なんと、本日の朝日新聞の記事によると、凍結された銀行口座にあったお金の約半分の38億円が被害者に戻っていないそうです(→記事はこちら

2008年6月以降、金融機関が凍結した預金口座は約16万件。返金の対象となる1千円以上の残高があった口座は5万件で、残高の総額は約73億円
そのうち被害者から返金の申し出があったのは、半分の約35億円にとどまるとのことなのです

それにしても、凍結まで至った口座はヤミ金や振り込め詐欺が使用していた一部の口座でしょうし、また、多くの加害者側はすぐにお金をひきだしているでしょうから、凍結された口座の残高総額が約73億円なんて、いかに、この手の犯罪が利益を得ているかを示していますよね


振り込め詐欺の被害者が返還を受けるまでの手続の流れは以下のとおりです。

1 振り込んだ銀行に口座凍結を申請(届出)(各銀行に振り込め詐欺対応の部署が設けれていると思います)
   ↓
2 銀行が「犯罪利用預金口座等」と認定すれば、口座を凍結
   ↓
3 預金保険機構がホームページに「債権消滅手続開始」公告を実施=名義人や口座番号を掲載
  (→預金保険機構HPはこちら
   ↓
4 60日以上たっても名義人から申し出がなければ、名義人は口座の権利を失う(債権消滅)
  預金保険機構は、「債権消滅」公告を実施
   ↓
5 口座に1000円以上ある場合、被害者に返還するため、預金保険機構が「支払手続開始」公告を実施
   ↓
6 被害者が、被害回復分配金支払申請をする(申請期間は通常60日)
  ※申請用紙は、預金保険機構のHPにあります。
   ↓
7 金融機関から「被害回復分配金」の支払を受ける


このように、被害者が、支払手続開始から60日以内に被害回復分配金支払申請をしなければ、被害者に返還されないこととなっています。

金融機関が被害者に教えてくれるのが確実でしょうが、金融機関が振り込みをされている人に連絡しようとしても、口座凍結を申請した被害者以外の方には連絡がつかないことも多く、なかなか大変みたいですね。

預金保険機構のホームページを見れば、凍結された口座を確認できますが、あまりにも多いので、公告がいつ開始されたのかもわからない場合には、目当ての口座を探すのはかなり大変です

もし被害に遭われた場合には、警察に被害届をするだけでなく、金融機関にも問い合わせをしてみることが必須です


by nishioka
関連記事
コメント
Re: うちのお金も預金保険機構に・・・・
泣き寝入りさん、コメントありがとうございます。

ひどいですね~法律で救済できない人がたくさんいるでしょうね。凍結された預金で、被害者から申し出がなかった場合、残額は預金保険機構に納付され、犯罪被害者の支援に使われるそうですが、被害者支援というのであれば、泣き寝入りさんのお母様のように、期間内に申し出できなかった被害者に対する救済に回すことも考えてほしいものです!
うちのお金も預金保険機構に・・・・
うちの母も3年前に振り込め詐欺にあい、お金を振り込んでしまいました。この3年間、警察、銀行どこからも何の連絡もなく、今年になってネットでこの預金保険機構の存在を知って問い合わせると、返金手続きが終わっててもうどうすることも出来ない、預金保険機構は法律に基づいてお金を移動しただけで、法律が変わらなければ返せない、と言われまた泣き寝入りです・・・。うちみたいに返金手続きが終わってから預保を知った人もいると思うんです。早くお金返して欲しいです・・・。
> その後、お金はどこへいくのでしょうか。

返金手続きが始まって2カ月以内に被害者から申し出がなかった場合、残額は預金保険機構に納付され、犯罪被害者の支援に使われるそうです。

でも、すごい金額のお金ですよね、被害者に返金されるのが一番と思うのですが。。。
振り込め詐欺にあわないことが大事ですが、あったとしても迅速に行動しなければいけませんね。それにしてもその後、お金はどこへいくのでしょうか。















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://roselaws.blog2.fc2.com/tb.php/101-bb0e2cde
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。