女性弁護士ローズの会

他の道から弁護士になった女性弁護士4人が、身近な法律に関する情報や日々の出来事など、思いつくままに書き綴ります☆ 
 
 
プロフィール

ローズの会

Author:ローズの会
福岡・広島の女性弁護士4人組

西岡 西岡里恵(にしおかりえ)
平和の森法律事務所(福岡)
医療事務→司法書士→弁護士

春田 春田久美子(はるたくみこ)
福岡エクレール法律事務所
OL→裁判官→弁護士 
 
下山 下山津雅子(しもやまつかこ)
泰星法律事務所(久留米)
法律事務所事務員→弁護士

依田 依田有樹恵 (よだゆきえ)
よこがわ法律事務所(広島)
OL→弁護士


【御挨拶】

わたしたちは、福岡県・広島弁護士会登録の女性弁護士です

4人の共通点は、別の道から弁護士になったこと、そして、弁護士をもっと身近に感じて欲しいとの思いがあることです

ちょっと弁護士に聞いてみよう、話してみよう、と気軽にご相談いただければと思います

お気軽にアクセスください!
 
最新記事
最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むち打ち~交通事故~ 

 交通事故(人身)に遭われた被害者の症状の中で、むち打ちは大きな割合を占めると言ってよいでしょう。

 実際に、私が相談を受ける交通事故(人身)被害のご相談も、むち打ちが大変多いです。

 むち打ちは、医学用語ではないため、病院の診断書には、「頸椎捻挫」等と書かれています。

 むち打ちは、他覚所見がないものが多く、辛い症状をなかなか周囲に理解してもらえないこともあるようです。そのため、事故から3か月経過した頃に、保険会社から通院治療を終了するよう言われたという被害者からのご相談もしばしばあります。実際に、保険会社から治療費を打ち切ると言われ、「そんなものなのか。仕方ない。」とあきらめて通院をやめてしまっている被害者の方も多いのではないかと思います。

 しかし、痛みが続き、その治療の成果が今なお少しでも出ているのであれば、3か月で治療をやめるべきではありません。他覚所見のないむち打ちは、3か月までしか治療費が支払われないと当然の決まり事かのように保険会社の方からいわれているケースもあるようですが、そのようなことはありません。大切な体のことですから、治療の成果が出ている以上、是非、ご自身が納得されるまで治療を継続されて下さい。

 痛みがあるにこかかわらず、短期間で治療を終え、治癒又は症状固定としてしまうと、後になって後悔しても、本来、認められるべきであったその後の治療費、休業損害、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益の請求も困難になりますから。

 もっとも、もし一旦、治癒又は症状固定としてしまった場合にも、医師の診断を受け、治癒、症状固定を覆してもらえる可能性等がありますから、あきらめずに医師や弁護士に相談されてみて下さいね。

By Shimoyama
【下山 津雅子】



スポンサーサイト

交通事故 経済全損 

「(経済)全損」という言葉を聞いたことはありますか。

 交通事故に遭い、愛車の修理が必要となった場合、通常は、加害者に対し愛車の修理費用を請求することができますね。

 けれども、車の時価額が修理費用より低いような場合は、経済全損と言って、原則、愛車の時価額分しか損害賠償金は支払われません。

 経済全損の場合、修理費用の金額が支払われないことに納得されない被害者の方が多くいらっしゃいます。被害者の方においては、車に思い入れがあるなど、どんなにお金がかかっても修理したいと思われることがあるからでしょう。
 

 けれども、残念ながら、車の時価以上の損害が発生したと認められることは、まずないでしょう。通常、車という物に対する思い入れというものは損害賠償の額として評価されることはありません。

 そこで、出来ることは、カーセンサーやグーネット等で、同種、同グレード、同年式で、走行距離も同程度の中古車の中からできる限り高い価格で販売されている車の資料等を探して、時価を高く評価してもらうよう交渉したり、車買い換えにかかる費用等もしっかりと請求していくということになります。

 by Shimoyama

 

交通事故  示談のまえに弁護士に相談を!! 

交通事故 示談のまえに弁護士に相談を!!

 車社会の現代において、ごく普通の日常生活の中で、私達はいつ何時、交通事故に遭うか分かりません。

 けれども、皆さん、ご存じでしょうか?

 交通事故に遭い、被害者となってしまった時、加害者の加入する保険会社から提示される損害賠償金の額は、弁護士が被害者の代理人として介入するまえの段階では、一般的に、かなり低い金額を提示されるのが現状です。
 私も交通事故の案件を多く取り扱っていますが、弁護士が介入し交渉した結果、当初、保険会社の提示した損害賠償金の額より最終的な賠償金の額は上がることがほとんどです。
 
 その理由の一つは、人身事故の場合、保険会社が任意保険基準と弁護士基準(裁判基準)とを明確に区別して運用していることが挙げられます。そして、もう一つの理由として、被害者の知識不足等で、本来であれば請求できるはずの請求が十分にできていないことが挙げられます。
 
 示談した後になって弁護士に相談に来られる方やそもそも低額で示談してしまったことに気づかないままでいる方が多々いらっしゃいますが、示談してしまった後では、弁護士もどうすることもできません(※ただし、示談の際に前提とすることができなかった後遺障害が発生したような場合等、請求が可能な場合もあります。)。
 

 したがって、交通事故の被害に遭われた上に低い損害賠償金に泣かされることのないよう、示談締結のまえには、必ず、弁護士に相談されることをお勧め致します。
 特に、人身事故の場合は、損害賠償金の額に大きな差が生じるものです。安易な示談の締結は禁物です。

 以前にもブログ内でお勧めしたと思いますが、任意保険に入る際には、「弁護士特約」をつけておくと、いざという時、保険会社の負担で弁護士をつけてもらうことができます。「弁護士特約」は、保険会社によるとは思いますが、年間で3000円程度ではないでしょうかね。
 通常、保険会社に弁護士を紹介してもらうこともできますし、自分で弁護士を選ぶこともできます。

 ローズの会でも、交通事故の被害者の方のご相談をお受けしておりますので、お困りの際は、お気軽にご相談下さい。

By Shimoyama

 


 

突然の事故に備えて・・・ 

最近、交通事故の相談が多いです

どこの法律事務所も、やっぱり債務整理や離婚、交通事故の案件は多いでしょうね。


交通事故は、いつでも加害者になりうるから恐ろしいなあとつくづく思います。

人身事故の場合は、被疑者→被告人になって裁判になることだってあります

私は運転がどちらかというと荒いほうだったのですが、この仕事を始めてからは、運転は怖い、と思うようになり、安全運転をするようになりました


交通事故案件を扱うとき、任意保険には入っておくべし!!と思います。

もしも、思わぬ事故で相手方が多大な損害を与えたとき、多額の賠償をしなければならないこととなるからです。

特に、原付やバイクに乗る人は自賠責保険にしか加入していない人も多いと思います。

ですが、自転車や人との事故の場合等、原付やバイクの運転手であっても加害者になり得ますから要注意です!


また、被害者になった場合、保険会社は裁判基準よりも低い基準で賠償金を提示してくることも多いので、自分で解決するのは困難なことも少なくありません。

そんなときは、弁護士費用特約をつけていれば、相談料からすべて弁護士費用が出るので安心して依頼ができますよね


保険の営業ではありませんが、自分のためにも相手のためにも、運転するのであれば任意保険に入りましょう

そして、その上で、安全運転しましょうね

by nishioka

交通事故損害賠償保険と弁護士特約 

 最近の交通事故損害賠償保険には、弁護士特約がついていることが多いです。
 通常の弁護士特約は、加害者に損害賠償金を払って欲しいが、金額が折り合わなくて払ってもらえない等といった場合、保険会社の負担で弁護士に交渉や訴訟を依頼することが出来るというものです。
 これにより、車の修理費用が少額で、弁護士に依頼して損害賠償金を支払ってもらえたとしても、弁護士費用の方が高くついてしまうと、これまで泣き寝入りするほかなかった被害者に、救済の余地が広がったといえるでしょう。
 弁護士特約を利用したからといって、その後の保険料が上がるというシステムにはなっていない場合がほとんどです。また、通常、知り合いの弁護士など、自分で自由に弁護士を選んで依頼し、保険会社に払ってもらうことが出来ます。
 ご自分の交通事故損害賠償保険に弁護士特約がついている場合には、もしもの際、活用できることをお忘れなく
By Shimoyama
カテゴリ
検索フォーム
ブログランキング
今日は何位かな~?

クリックで順位が上がる仕組みです。

応援お願いします★
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご相談の予約は ホームページの相談窓口 からお願いします。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。